生命保険とは

私達が社会で生活していく節々で、たびたび加入の選択を迫られるのが、損害保険や生命保険、自動車保険など保険の数々です。
保険とは将来起こるかも知れない万が一の危険に対し、これを金銭的に補償できるよう、一定の保険料を加入者全体で公平に分担して、備えるようにする制度です。

加入者が支払う保険料は事故が発生する確率に見合うように算出されていることになっています。
保険制度とは予測のつかない病気や事故、災害などから私達を経済的に守ってくれるシステムで、相互扶助の精神から生まれた助け合いの制度です。
保険には大きく分けて、国家が社会政策として行う国民健康保険・国民年金や、経済政策として行う農業保険・漁業保険などのほか、民間の保険会社が行う、生命保険や損害保険があります。

生命保険は将来の生活を守ってくれるものですから、国民の9割が何らかの生命保険に加入しているといわれています。
将来を守るために貯蓄で備えるという考えもありますが、生命保険に加入しておけば積立額に関係なく、必要な保障額を受けとることができるのです。
生命保険を取り扱う会社では、一人の加入者の契約が長期間にわたることが特徴で、年令とともに高まる病気や死亡の危険を保障するための仕組みが整っています。

しかし、何十年にもわたる契約ですから、その間に加入した当初では予想し得ないことも当然起きることがあります。
予想外の家庭の変化や、社会全体の経済的変化などです。
特に近年では、バブル崩壊、リーマンショックによる経済停滞の影響もあって、すでに加入している生命保険の見直しをする気運が高まっています。


■特別紹介サイト
生命保険の見直しだけでなく色んな種類の保険の見直し相談が出来るサイトです ⇒ 保険 見直し相談